刺虫症について

要約

1 )古い家ではイエダニ、ペットを飼っている場合はネコノミ・イヌノミに刺される場合がある。

2 )刺虫症とおもわれるが原因不明な場合には、新築の家では畳のダニ、他には蕁麻疹等も考えられる。

3 )毛虫皮膚炎・刺蜂症は最近増えている。

 

はじめに

一般に「刺虫症」と表現していますが、その虫の種類によって症状も程度も違います。また疥癬・マダニ刺咬症などもこの範疇には入りますが、それについては別の機会にお話しましょう。今回は日常よく見られるイエダニ・コナダニ・ノミ・原因虫の良く判らない刺虫症と毛虫皮膚炎・刺蜂症についてお話しましょう。

 

ダニ・ノミ・原因虫の不明な刺虫症

a )イエダニ

古い家屋の天井裏にネズミがいて、そのネズミに付いているダニがこれです。このダニが天井から落ちて室内に来て皮膚の柔らかい部分を刺し、点状の皮疹が出て痒みがあります。治療としてはステロイド外用剤と抗ヒスタミン剤(痒止め)の内服ですが、天井裏のネズミの駆除と天井裏・室内の掃除とダニ退治が肝要です。ただ最近は古い家が少なくなったせいか、余り見かけなくなりました。

 

b )コナダニ

これは空気中のホコリの中に居る小さなダニで、直接皮膚を刺すよりは、ホコリと一緒に皮膚に付着したり、気管支内に吸い込んだりして、アレルギーの原因になることで有名です。従って今回は省略しましょう。

 

c )ノミ

ヒトだけを刺すヒトノミは最近では見られなくなりました。代わって今問題になっているのがペットやノラネコなどに寄生するネコノミ・イヌノミです。これが主にヒトの上下肢の末端に近い部分を刺して発症します。ペットを飼っている方で両下肢のヒザから下だけに痒い点状の小紅斑や小丘疹があれば可能性があります。ヒトの治療と一緒にペットの治療と室内の掃除・ノミ退治が必要になります。

 

d )原因虫の不明な刺虫症

これは皮膚の柔らかい部分で上記のような症状があり、刺虫症が疑われるにも関わらず原因虫が思い当たらない場合、例えば家は新しくてネズミはいない、ペットも飼っていない、他に原因虫が想像できない場合です。ただしこのような場合でも皮膚科専門医なら考え付く原因が2つあります。 ひとつは畳です。「うちは新築で畳も新しいから畳にダニが居るはずはない。」とよく患者さんがおっしゃいます。しかしその畳の原料であるイグサはどこから持って来ているかと言うと、殆どが東南アジアからの輸入で、それも船で何ヶ月もかかって暑い中を日本に持ってくるのですからその間にダニが繁殖しても不思議ではありません。

又近年は健康上の理由と法律で強い防ダニ剤を使えないのでダニが繁殖しやすい状況になっています。畳屋さんでは防ダニ加工をしたものを取り扱ってはいますが、それで完全に殺虫できているかどうかは判りません。だから原因虫の判らない場合の原因として考え得るのです。

もうひとつ考えられる原因は虫とは関係なく、蕁麻疹の1型としての症状です。皮膚の柔らかい所に刺虫症とそっくりな皮疹が出るタイプの蕁麻疹があります。この場合には周辺皮膚を掻いてみると蕁麻疹特有の「みみずばれ」が出るのでわかります。もちろん治療は蕁麻疹の治療を行います。

 

続きを読む

毛虫皮膚炎

5月ぐらいになるとよく「朝起きたら体中に湿疹がでていた。」と来院される方が見えます。皮疹の特徴は5㎜~1cmぐらいの紅斑が体の一部、例えばお腹とか背とか肩とかに集中して多発します。これが毛虫皮膚炎です。毛虫というと生きた毛虫が直接触ってなると思う方が多いのですが、いくら鈍感な人でも体に毛虫が付いていたらすぐに判ります。そうではなくて木に居る毛虫の死んで乾燥したのが崩れて、毛だけが風に乗って飛ばされ洗濯物に付着します。毛だけですので虫眼鏡でよく見ないとわかりません。夜お風呂に入って下着を替えて就寝します。

そして朝起きた時に皮疹が出ていてびっくりするのです。治療は痒み止めと外用薬で良いのですが、予防としては洗濯物を干す位置と木の毛虫退治です。これがなかなか大変なのですが知恵を絞ってどうしたら洗濯物を毛虫の毛の付着から守れるか考えて下さい。

 

刺蜂症

春になると蜂に刺される人も出てきます。特にこの数年多くなったような気がします。街中の環境保全が進み緑が多くなり小動物や昆虫が増えたのかも知れません。症状は激痛と患部の腫脹です。蜂に刺される回数が増えれば増えるほど症状もひどくなるようで、アレルギー反応が起こり易くなっているのでしょう。中にはショック症状を起こして死亡する例(年間50例ほど。)もあります。

治療としてはステロイド外用剤と鎮痛消炎剤と場合によってはステロイド剤の内服・注射ですが、何よりも蜂の巣の退治・蜂が飛んでいるのを見たら近づかない等が大事です。蜂の巣の退治については名古屋市生活衛生センター(Tel:721-0191 Fax:721-0193 )で相談に乗って頂けます。

 

診療のご案内

森田皮フ科クリニック
052-413-2712

 
午前×
午後×××

午前 09:30~12:00

午後 15:30~18:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

森田クリニック
052-471-3967

 
午前×
午後××

午前 09:00~12:30

午後 17:00~19:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

新着情報

2017.10.1011月代診のお知らせ
2017.09.1410月代診のお知らせ
2017.08.29森田皮フ科クリニック駐車場変更のお知らせ
2017.06.16岩塚・森田クリニックに通院の皆様へ
2017.04.19看護師募集のお知らせ
2017.04.17辻内先生就任のお知らせ
2017.03.23岩田先生就任のお知らせ
2017.03.01安藤先生退職と遠藤先生就任のお知らせ
2016.06.24院内処方とジェネリック医薬品について
2016.04.01新院長 尾市 誠先生のご紹介とご挨拶
2016.03.09トレチノインについてのお知らせ
2015.11.24ホームページがリニューアルされました