とびひについて

要約

「とびひ」は細菌感染症で子供に多く夏に多い病気です。体中に水疱やびらんが多発し次々と拡がっていきます。プールや幼稚園・学校などで伝染ることが多く「とびひ」が治るまではプールは止めましょう。

治療法は抗生剤の内服・外用ですが、湿疹が併発している膿痂疹性湿疹の場合には「とびひ」と湿疹の治療を上手にミックスさせた治療が必要になります。そして巧く治療するコツは「痒みを止める事」です。

はじめに

「とびひ(伝染性膿痂疹)」は子供、特に乳幼児~小学校低学年に夏に多く見られる病気で、細菌が皮膚表面に繁殖してできる病気です。大人にはめったに伝染りません。ただ最近は冬でも少し見られるようになりました。これは一年中開いているプールが原因ではないかと考えております。また「とびひ」はアトピー性皮膚炎のお子さんにもよくみられます。これは当院HPのアトピー座談会の中でも触れていますが、アトピーのお子さんは皮膚のバリアー機能が低下しているため細菌やウィルスが侵入しやすくなっているからです。

原因

黄色ブドウ状球菌あるいはA群レンサ状球菌という細菌が皮膚表面に感染し、これらの菌が出す表皮剥離毒素という物質が表皮と真皮の間を剥離させるため水疱が多発し、これが破れてびらんになります。この水疱の中身の滲出液中にも細菌や毒素が多量にあるため水疱が次々と体中に拡がります。その結果火事の炎があちこちに飛び移るごとく拡がっていくので「とびひ」と言われています。また子供たちの間で急激に拡がるのもこれらの菌の伝染力が強いためです。

続きを読む

症状

体中に水疱が多発し次々と増えていきます。痒みは無いかあっても軽度です。子供によっては痛みを感じる場合もあるようです。やがてこの水疱が破れてびらん局面になります。またこの頃から痒みを伴うようになり湿疹化してくる事もあります。

このように先に「とびひ」があり後で湿疹化する場合も、先に湿疹がありそこに細菌感染が加わって「とびひ」が併発する場合も、膿痂疹性湿疹といいます。どちらにしてもこの状態は湿疹と「とびひ」が共存している状態で、治療のところで述べますが「とびひ」だけの時とは違う治療を必要とします。

 

治療法

「とびひ」だけの時には抗生剤かサルファ剤の外用と抗生剤内服の治療になります。内服薬は基本的にはどの抗生剤でもよいのですが、セフェム系の昔からある抗生剤が一番よい様に思います。最新の強い抗生剤が効くとは限りません。風邪や中耳炎等で小児科や耳鼻科から強い抗生剤をもらっている最中にも「とびひ」が出てくることがあります。という事はその時点で内服している抗生剤は「とびひ」に対しては効果がないという事になります。そこで私達の所で「とびひ」用に別の抗生剤を処方するのですが、よっぽど強い抗生剤が必要かと思いきや、昔からあるセフェム系の弱い安全な抗生剤が以外と良く効くのですから面白いものです。

 

さて「とびひ」に湿疹が併発しますと治療法は変わってきます。簡単に言えば湿疹と「とびひ」の治療をうまくミックスさせて行うことが大事です。そして意外とこれが大事な事ですが「痒みを止めてやって掻かないようにする事」これがコツです。というのは「とびひ」も湿疹も掻くことによってひどくなりやすい、実際それが原因でひどくなる人がほとんどです。痒みを止めるためには抗アレルギー・抗ヒスタミン剤を抗生剤の内服薬と併用します。外用薬は抗生剤の入ったステロイド外用剤、あるいは非ステロイド系外用剤を使います。

 

予防と生活上の注意点

「とびひ」は細菌感染であると最初に申しあげましたが、感染症であるが故にたくさんの子供達に伝染していきます。お子さんが伝染ってくる場所はというと、一番多いのはプール・幼稚園・学校です。プール以外の場所では治療をしていて患部をガーゼで覆っていれば人に伝染る可能性は少ないのですが、プールの中ではそういう訳には行きません。最近はスィミングスクールでも幼稚園・学校のプールでも「とびひ」のお子さんはプールに入れない規則になっています。きちんと治療すれば1週間ほどで治りますのでその間はプールは止めてください。 お風呂は「とびひ」が軽ければ入浴しても良いのですが、それでも兄弟には伝染りますので最後に入浴しましょう。ひどい場合や広範囲な場合はシャワーだけにするか、入らない方が良い場合もあります。但し夏の暑いときに多い病気ですし、汗や汚れで体が不潔になっている事が多く、細菌にとっては繁殖しやすい状態ですので、ある程度は清潔にするためにも入浴やシャワーは必要です。実際ある程度シャワーや入浴をさせた方が治療効果も良い様に思います。

 

診療のご案内

森田皮フ科クリニック
052-413-2712

 
午前×
午後×××

午前 09:30~12:00

午後 15:30~18:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

森田クリニック
052-471-3967

 
午前×
午後××

午前 09:00~12:30

午後 17:00~19:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

新着情報

2017.10.1011月代診のお知らせ
2017.09.1410月代診のお知らせ
2017.08.29森田皮フ科クリニック駐車場変更のお知らせ
2017.06.16岩塚・森田クリニックに通院の皆様へ
2017.04.19看護師募集のお知らせ
2017.04.17辻内先生就任のお知らせ
2017.03.23岩田先生就任のお知らせ
2017.03.01安藤先生退職と遠藤先生就任のお知らせ
2016.06.24院内処方とジェネリック医薬品について
2016.04.01新院長 尾市 誠先生のご紹介とご挨拶
2016.03.09トレチノインについてのお知らせ
2015.11.24ホームページがリニューアルされました