オムツかぶれと皮膚カンジダ症について

要約

1 )オムツかぶれと皮膚カンジダ症は鑑別が難しい。

2 )オムツかぶれの薬を塗って悪くなったら皮膚カンジダ症の可能性がある。

3 )お腹・太もも・お尻の凸部に発赤があればオムツかぶれ、股の凹部にあれば皮膚 カンジダ症。

4 )オムツを取り替える時は濡れたタオルでよく拭いて乾燥させてから替える。清潔 と乾燥がポイント。

5 )オムツの辺縁部がかぶれる場合は紙オムツの素材にかぶれている可能性あり。メ ーカーを変えてみる。

はじめに

赤ちゃんのオムツ部にみられる赤い湿疹様のものはオムツかぶれの他にカンジダ菌という真菌(カビ)の一種の感染症もあります。この2つの病気は鑑別が難しいためかヴェテランの小児科の先生でもよく間違えられるらしく、私共の所へお母さん方が赤ちゃんを連れてこられてこうおっしゃいます。「オムツかぶれと言われて薬をもらったがだんだんひどくなってきました。」我々皮膚科専門医はこういうお母さん方の話を聞いただけで(診察をする前から)皮膚カンジダ症ではないかと見当をつけております。

治療法から言えばオムツかぶれと皮膚カンジダ症は全く正反対であるため皮膚カンジダ症にオムツかぶれの薬(ステロイド系・非ステロイド系の湿疹用外用薬)を塗ると悪くなりますし、オムツかぶれにカンジダ症の薬(抗真菌剤)を塗ると悪くなります。

鑑別点

オムツかぶれの場合には赤ちゃんのオムツが当たっている皮膚のうち凸面(お腹・太もも・お尻)部分にだけ赤い発疹ができ、凹部分(お腹と太ももの間のくびれた所=股等)には発疹は見られません。逆にカンジダ症の場合には凹部分に発赤があり、皮屑(皮膚表面がめくれた状態)がみられます。そしてこの皮屑を採取して顕微鏡で検査するとカンジダ菌が検出でき確定診断ができます。このポイントを知っていれば診断をつける事はさほど難しくはありません。

続きを読む

治療法と生活上の注意点

胸部・背部に黒い色素斑あるいは白い脱色斑がたくさん出来てそれぞれが融合したり拡がったりします。この胸部・背部は汗をかきやすい場所であると同時に、脂漏部位といって皮脂の出やすい場所でもあります。そしてこの色素斑・脱色斑をよく見ると少しざらざらしていて表面をメス等で擦ってみると非常に細かいフケ状の粉が出てきます。これがこの病気の特徴です。この粉を顕微鏡で見ると中に癜風菌の菌糸や胞子が見られ診断がつきます。痒みは殆どありません。

 

治療法

治療法としてはオムツかぶれにはステロイド・非ステロイド外用剤を用い、皮膚カンジダ症にはカンジダ菌に感受性のある抗真菌剤(抗真菌剤のなかにはカンジダ菌に対して感受性のないものもあります。)を用います。しかし前述のように「オムツかぶれの薬を塗ったら悪くなった」、「抗真菌剤を塗ったらカンジダ症が悪くなった」と言う場合には診断が間違っている可能性がありますので、皮膚科専門医を受診して真菌検査を受けてください。

 

生活上の注意点

オムツかぶれも皮膚カンジダ症もオムツ部がオシッコで濡れたり蒸れたりすることで出きて来ます。オムツは頻繁に取替えその時に濡れたタオル等でふいてやり30分ぐらいオムツなしで皮膚を乾燥させてやると良いでしょう。「清潔に」・「乾燥させる」がポイントです。最近の紙オムツは吸水性にすぐれ赤ちゃんの肌に当たる部分が濡れないように工夫したものや、オムツの素材も改良されかぶれにくくなってはきました。

それでもオムツの素材でかぶれる赤ちゃんもたまにみえます。このオムツの素材でかぶれるのは本来のオムツかぶれとは違いオムツ生地皮膚炎とも言うべき状態なのですが、皮疹の出方も本来のオムツかぶれとは少し違い腰腹部・大腿部のオムツの辺縁で締め付ける部分に帯状に赤い皮疹がみられます。このような時はオムツのメーカーを色々変えてみて赤ちゃんに一番あったオムツを選びましょう。

 

診療のご案内

森田皮フ科クリニック
052-413-2712

 
午前×
午後×××

午前 09:30~12:00

午後 15:30~18:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

森田クリニック
052-471-3967

 
午前×
午後××

午前 09:00~12:30

午後 17:00~19:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

新着情報

2017.10.1011月代診のお知らせ
2017.09.1410月代診のお知らせ
2017.08.29森田皮フ科クリニック駐車場変更のお知らせ
2017.06.16岩塚・森田クリニックに通院の皆様へ
2017.04.19看護師募集のお知らせ
2017.04.17辻内先生就任のお知らせ
2017.03.23岩田先生就任のお知らせ
2017.03.01安藤先生退職と遠藤先生就任のお知らせ
2016.06.24院内処方とジェネリック医薬品について
2016.04.01新院長 尾市 誠先生のご紹介とご挨拶
2016.03.09トレチノインについてのお知らせ
2015.11.24ホームページがリニューアルされました