単純性疱疹(ヘルペス)について

要約

①単純性疱疹は単純ヘルペスウィルス(HSV-1,2)が原因です。

②風邪をひいた時や、他の病気で体力が低下したときに罹ります。また出来やすい体質(ウィルスに弱い体質)の人もいます。

③治療は抗ウィルス剤の外用・内服です。

④規則正しい生活をして、充分休み、食事も摂生するよう心がけてください。

はじめに

単純性疱疹(ヘルペス)は単純性ヘルペスウィルスが原因で、昔から「熱の吹出し」とか「風邪の吹出し」と呼ばれ、風邪をひいたり体調を崩したりした時に出現します。主に顔、特に口の周りに小水疱が出来ます。外陰部などに出来る場合もあります。

原因

上記の単純ヘルペスウィルス(HSV-1,2)が原因です。ただしこのウィルスもそれ自体は特に強いウィルスではなく、出来ない人は出来ないのに、出来る人は何回も繰り返し罹りますので、患者さんの体質でこのウィルスに弱い人が罹るとか、他の病気等で体力が低下したときに罹るとか、考えるべきだと思います。またヘルペスウィルスというと帯状疱疹と勘違いをされる方がみえますが、帯状疱疹のウィルスは水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)といってHSVとは違うウィルスです。これは水痘のウィルスと同じで水痘に罹った人は誰でも脊髄の神経根の所にこのウィルスが潜んでいて体力が低下した時に神経を伝わって増殖を始め神経に沿った帯状の領域に水疱と激しい痛みが出てくる病気です。従って今回のテーマの単純性疱疹とは全く違う病気です。

続きを読む

症状

1cmほどの紅斑の中に小水疱が集まって出来ます。痛みはあまり無いかあっても軽度です。最初はこの紅斑と小水疱ですが時間が経つと瘡蓋状になってきます。この時点で痒みが出る人もいます。出来る場所は顔、特に口の周囲が多い(HSV-1)のですが外陰部など(HSV-2)にも出来ます。

先ほども述べた様に出来やすい人は何回でも繰り返して出来ます。風邪をひいた時・強い日差しをあびた時や他の消耗性疾患等で体力が低下したときによく出来ます。 又アトピー性皮膚炎等で皮膚のバリアー機能が低下している人は重症化してカポジー水痘様発疹症という状態になります。

この病気は子供がなる事が多いのですが成人でも稀にあります。高熱を発し重症ですので入院が必要になります。

 

治療法

抗ウィルス剤の内服・外用が基本ですが、軽症例(殆どがこれです)では外用だけで良いと思います。内服薬もありますが内服薬の場合は血液中の白血球減少など副作用も見られ、単純性疱疹軽症例くらいでは敢えて内服薬を使う理由はありません。1週間程で治ります。ただ再三申し上げているようにウィルスに弱い体質とか他の病気で体力が低下した時に出来る病気ですので、これらの外用薬・内服薬では再発を防止することはできません。又カポジー水痘様皮膚炎の様に重症化した場合には入院して抗ウィルス剤の点滴等が必要になります。

 

予防と生活上の注意点

風邪をひいたり体調を崩したりして、体力が低下した時に感染しますので予防という点では、

①規則正しい生活をして

②充分休み

③食事も摂生する

という、忙しい現代人には中々実行しにくい事ではありますが、出来やすい人はこの注意点をよく守って下さい。それでも出来てしまったらなるべく早く治療をして下さい。

 

診療のご案内

森田皮フ科クリニック
052-413-2712

 
午前×
午後×××

午前 09:30~12:00

午後 15:30~18:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

森田クリニック
052-471-3967

 
午前×
午後××

午前 09:00~12:30

午後 17:00~19:30

※受付は診療時間の終了15分前迄です

新着情報

2017.10.1011月代診のお知らせ
2017.09.1410月代診のお知らせ
2017.08.29森田皮フ科クリニック駐車場変更のお知らせ
2017.06.16岩塚・森田クリニックに通院の皆様へ
2017.04.19看護師募集のお知らせ
2017.04.17辻内先生就任のお知らせ
2017.03.23岩田先生就任のお知らせ
2017.03.01安藤先生退職と遠藤先生就任のお知らせ
2016.06.24院内処方とジェネリック医薬品について
2016.04.01新院長 尾市 誠先生のご紹介とご挨拶
2016.03.09トレチノインについてのお知らせ
2015.11.24ホームページがリニューアルされました